from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

「いらっしゃいませー!」

 

 

先日、スーパーのレジが

研修中の新人さんでした。

 

 

おそらく40代前半くらいの女性。

 

 

バーコードに通すスピードは、

まだまだ、ぎこちなかったですが、

元気が良くて一生懸命な姿には

とっても好感がもてました。

 

 

4月以降はもっと色々な場所で

新入さんや新入社員さんに

出会う機会が増えてきますよね。

 

 

新人さんに限らずですが、

 

社会人になると

 

・なぜ(Why?)

・何を(What?)

・いつ(When?)

・誰が( Who?)

・どこで(Where?)

・どのように(how?)

 

 

 

この「5W1H」が、

仕事上のホウ・レン・ソウで

使われますよね。

 

 

これらが上手く出来れば

仕事上の失敗は少なくなるし、

 

 

逆にこれらが曖昧だと上司や同僚、

相手先、色々な人に迷惑がかかってしまいます。

 

 

レジ研修中の新人さんを見ながら

 

「新人のとき、自分もたくさん失敗したな~」

 

「お客さん、怒らせちゃったな~」

 

って多くの失敗を繰り返していたのを

思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

『住宅購入は5W2H』

 

 

 

 

 

 

 

あなたが、これから

マイホームを購入する上で、

 

 

家づくりの「5W1H」が

とっても重要になってきます。

 

・なぜ(Why?)

なぜ家が欲しいのか?

 

・何を(What?)

どんな家に住みたいのか?

 

・いつ(When?)

いつぐらいに新居に住みたいのか?

 

・誰と( Who?)

単世帯で住むのか?

二世帯で住むのか?

 

・どこに(Where?)

どのエリアに住みたいのか?

 

・どのように(how?)

家を建てたあとどのように暮らしたいのか?

 

 

 

家づくりを始めるときは、

この「5W1H」をしっかりと

考えておいて欲しいです。

 

 

 

そして、これらに加えてあと一つ。

 

一番重要なことがあるんです。

 

 

 

それは、

 

 

【どれくらいの予算で(How much)】

 

 

 

マイホーム購入においては、

まず最初に、

 

「無理のない予算を把握すること」

 

が一番重要なのは間違いありません。

 

 

 

なぜなら、

最初に予算がはっきりわかれば、

 

・なぜ家が欲しいのか?

・どんな家に住みたいのか?

・いつぐらいに住んでいたいのか?

・誰と住むのか?

・どのエリアに住みたいのか?

・建てたあとどのように暮らしたいのか?

 

 

 

この「5W1H」を考えやすくなります

 

 

 

予算を目安にしながら

家づくりの優先順位を決めていけるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

『マイホーム購入、不安の第1位はお金』

 

 

 

 

 

 

 

マイホーム購入後のローン返済で

 

家計が苦しくなったらどうしよう・・・

 

節約生活になったらどうしよう・・・

 

教育費を貯められるかな・・・

 

将来、ローンが払えなくなったらどうしよう・・・

 

 

 

こういったことは誰もが不安ですよね。

 

 

 

すごくよくわかります。

 

 

 

マイホーム購入は、はじめてのことだし

誰もが不安になるのも当然ですよね。

 

 

 

でも大丈夫です。

 

 

 

安心してください。

 

 

 

あなたがまず最初に、

 

・どれくらいの予算で(how much)

 

を知ることで

 

家計が苦しくなったらどうしよう・・・

 

節約生活になったらどうしよう・・・

 

教育費を貯められるかな・・・

 

将来、ローンが払えなくなったらどうしよう・・・

 

 

 

こういった将来のお金の不安は

大きく解消されます。

 

 

 

あなたの身の丈に合った

予算が最初にわかれば、それに見合う

土地と建物金額の目安がわかり

お金のストレスなく

家づくりを進めていけるのです。

 

 

 

そして、その予算をしっかり守った

マイホーム購入ができると、

 

・毎年、家族旅行に出かけられる

 

・好きなクルマを買うことができる

 

・お子さんの教育費を貯められる

 

・老後資金が準備できる

 

・お小遣いを節約する必要がなくなる

 

・定期的に外食に行ける

 

 

 

このように豊かに幸せな暮らしが

将来まで可能になります。

 

 

 

あなたは、

こういった将来の幸せを考えずに、

今の理想だけを追い求めて

身の丈以上のマイホームを買いたいですか?

 

 

 

きっとそうではありませんよね。

 

 

 

今の理想だけ追い求めてしまうと

将来の家計は間違いなく、

苦しくなってしまいます。

 

 

 

決してそうならないためにも、

 

 

・どれくらいの予算で (how much)

 

 

あなたの、

無理なく返せる住宅ローン金額を

絶対に間違えてはいけないのです。

 

 

(もし、あなたが来年10月の
消費税10%前に家を建てたいのなら、
来年3月までに契約が必要ですよ)