from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

「ホットティー、ストレート Sサイズ

イングリッシュブレックファスト

マグカップで」

 

 

 

月2、3回木曜の朝、

地元のスタバに行きます。

 

 

 

コーヒーは飲まないわけじゃないですが、

最近はずっとこれがお気に入り。

 

 

 

スタバにはもう、

70回以上は来ています。

 

 

 

蓮華寺池(れんげじいけ)公園っていう

地元の有名な公園前にあるので、

 

 

 

サラリーマン風の男性、

老後世代のご夫婦、

小さなお子さん連れのママなど、

 

 

 

朝から幅広い年齢層の

お客さんがいます。

 

 

 

奥のソファー席やテーブル席では

若いお兄さんやお姉さんがPCを使って

クリエイティブに作業していたり。

 

 

 

大学生くらいのお姉さんが、

イヤホンで音楽を聞きながら

勉強していたり。

 

 

 

スタバができる前までは

地元ではあまり見かけない光景でした。

 

 

 

おしゃれで洗練された空間で、

仕事や勉強ができたり

友人や家族とくつろぐことができたり。

 

 

 

地元にスタバができてくれて

「ありがとう!」

って感じです。

 

 

 

 

 

 

 

『スタバのミッション』

 

 

 

 

 

 

 

「最高のコーヒーとお客様にとっての

くつろぎの空間を提供すること」

 

 

「人々の心を豊かで活力あるものにするために

ひとりのお客様、一杯のコーヒー、

そしてひとつのコミュニティから」

 

 

 

スタバにはこのようなミッションがあるのを、

あなたは知っていましたか?

 

 

 

ミッションとは

使命とか任務とかいうような意味です。

 

 

 

このミッションから、

 

 

「私たちはコーヒーだけを提供するのではなく

お客さんにとってくつろぎの場所を提供する

そのために最大限のおもてなしを持って接し、

喜んでいただける空間を提供する」

 

 

 

このようなコンセプトが感じられます。

 

 

 

確かに他のコーヒーチェーンだと

スタッフさんの印象はあまり残らないですが、

 

 

 

スタバのスタッフさんは笑顔でフレンドリーだし

温かい接客がいつも印象に残ります。

 

 

 

スタッフさん同士の仲も良く感じられるし。

 

 

 

店内の居心地や雰囲気が良いのは

キレイでお洒落な造りだからではなく、

 

 

 

スタッフさんの温かい接客が、

居心地の良さや雰囲気の良さを

作り出しているな~

 

 

 

って私はいつも感じています。

 

 

 

これってすごいことですよね。

 

 

 

 

 

 

 

『スタバのような会社と家づくり』

 

 

 

 

 

 

 

「雰囲気の良さ」

 

 

っていう意味では、これは

住宅会社選びにも通じるところがあります。

 

 

 

ミッションで言うなら、

 

 

「私たちは家を

売っているのではありません

家というものを通して

お客さんのより良い未来を実現する

家族団らんで毎日の生活が

楽しく温かく幸せに過ごせるような

人生に貢献する・・・」

 

 

 

みたいなところですね。

 

 

 

さらには、

 

 

「お客様にもスタッフ同士でも

最大限のホスピタリティを

持って接し「感動経験」を提供する」

 

 

 

っていうおもてなしの心ですね。

 

 

 

どの職場でも、

お客さんにホスピタリティを提供するのは

当たり前のことですが、

(それができないところも多いです)

 

 

 

スタッフ同士でも

最大限のホスピタリティを

提供するってなかなかできないですよね。

 

 

 

でもこれができると

本当に素晴らしいと思います。

 

 

 

これこそ、会社(スタッフ)の力ですよね。

 

 

 

ただ、最近私が思うことは、

 

 

「家を売ったら終わり」

 

 

こういうところがすごく多いなって。

 

 

 

安いから・・・

 

もう契約したから・・・

 

いいでしょみたいな。

 

 

 

もし、あなたが、

家づくりを真剣に考えていて

本当に満足できる家づくりを

したいのなら、

 

 

 

会社選びのときに、

 

 

・会社の雰囲気やスタッフの仲が良さそうか?

 

・担当者は本当に楽しそうに仕事しているか?

 

 

 

このあたりも注意深く見てみると、

家づくりがもっともっと楽しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

『その逆は要注意!』

 

 

 

 

 

 

 

・家を完全に商品としている

(お客さんをどれだけ早く
契約させるかが勝負)

 

・営業マンの歩合がすごい

(歩合制の職場はギスギスしている)

 

・建てたあと付き合う気がない

(アフターメンテナンスがおろそか)

 

 

こういうのが感じられるところは、

家自体は契約できて買えたとしても

建てたあとに大きな問題や不安が出てきます。

 

 

 

「あ~、失敗したっ!!」

 

 

 

ってあとで思っても時すでに遅し。

 

 

 

スタバのコーヒーは

安い値段ではありませんが、

その値段には納得できるだけの理由がある。

 

 

 

あなたがもし、一生で1杯しか

コーヒーが飲めなかったとしたら、

どんなコーヒーをどんなお店で

飲みたいですか?

 

 

 

家もそれと同じ。

 

 

 

価格の安さやブランドだけを求めず、

 

 

・適正な価格かどうか?

 

・お金を出す価値が本当にあるかどうか?

 

 

 

ここをしっかり見れるようになると

失敗・後悔はなくなりますよ。

 

 

 

 

(もし、あなたが、消費税10%前に

家を建てたいのなら、来年3月までに

契約が必要ですよ)