from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

「家が欲しいんですけど

貯金があまりないんです。

 

 

でも、住宅展示場に行くと、

今は金利も低いし、頭金がなくても

銀行が全額貸してくれるので

大丈夫ですよ!って言われて。

 

 

家賃払うのももったいないので

家を建てようと思ってるんです。

 

 

でも、立林さん、

ホントに家買っても大丈夫ですか?」

 

 

 

先日、30代の知人から

このような質問がありました。

 

 

 

私「今、貯金っていくらくらいありますか?」

 

 

知人「70万円ないくらい...」

 

 

私「最近、結婚式をしたとか、車買ったとか

大きい出費がありました?」

 

 

知人「最近そういうのはないですね。

あっ、今度、軽自動車が4回目の車検なので

もしかしたら買い替えしないとかも。

 

そういえば、家を買うとき、

その車の分も一緒に借りられたり

できるとか言ってたっけ⁉」

 

 

 

 

このやりとりで私は、

 

 

「家を買うのは危険すぎるなーー」

 

 

 

って思いました。

 

 

 

 

 

 

 

『今、もう家計がギリギリ』

 

 

 

 

 

 

 

あなたも

なんとなくイメージつきましたか?

 

 

 

これ典型的なダメな例です。

 

 

 

 

結婚式が終わって数年。

 

 

貯金は100万円にも満たない。

 

 

これからマイホーム購入っていう

大きな支出がやってくるのに

貯金は増える見込みなし。

 

 

 

こんな状況で住宅ローンがスタートしたら

間違いなく、家計はやっていけません。

 

 

 

マイホーム購入は、

賃貸と違って維持費もかかれば、

最初の諸費用もたくさんかかります。

 

 

 

諸費用とは、引っ越し費用や

新生活の家具・家電を買ったり、

銀行に手数料等を払ったり、

住宅取得に関わる税金を払ったり。

 

 

 

土地から買う場合は、

不動産屋さんに手数料を払ったり。

 

 

 

簡単に200万円ほどかかってきます。

 

 

 

銀行によってはこれらの費用まで

全部貸してくれますが・・・。

 

 

 

全部借りたところで、

今後、貯金が増える見込みも少ないし。

 

 

 

今、残ってる車のローンも

銀行によっては上乗せして貸して

くれるところもありますが、

(そのような提案をしてくる業者は
そもそもオススメしません)

 

 

 

この場合、あと何年かしか乗れない

車のローンを、

今後35年間も払っていくのです。

 

 

 

これって

ものすごくムダな方法って思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

『最低限欲しい自己資金は?』

 

 

 

 

 

 

 

そうなると結局、

 

 

「自己資金は

いくらくらいあればいいのか⁉」

 

 

 

ですが、

 

 

 

目安としては

土地と建物以外の部分の、

諸費用が現金であるのが理想です。

 

 

 

金額にすれば先ほどの約200万円。

 

 

 

さらに、何かあったとき1年分の生活費として

100万円くらいあれば安心できるので、

 

 

 

合計300万円くらいの現金があれば

ちょっと安心できるラインではないかと。

 

 

 

もちろん自己資金は

あるに越したことありませんが、

諸費用+当面の生活費で

300万円がひとつの目安と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

『ただし、例外もあり』

 

 

 

 

 

 

 

・結婚式が終わったばかり。

 

・今、育休中でフルタイム復帰が間近。

 

・現金で車を買ったばかり。

 

 

 

 

このような状況で、

普段はそれなりの貯金があるのに

今はたまたま少額の状態。

 

 

 

普通に家計が回っていれば

1年間で100万円以上

貯金できるのが確実であれば、

 

 

 

自己資金が少ない状態のまま

住宅ローンをスタートするのもアリでしょう。

 

 

 

なぜなら、今後、貯金できることが

計算できるのなら、

 

 

お金を貯める間に1年支払う家賃、

 

 

仮に、月8万円なら

100万円近い金額がムダになってしまいます。

 

 

 

100万円あるかないかで

土地や建物にかけられるお金も

かなり変わってくるので、

 

 

 

どうせならこの100万円のムダは

避けたいところですね。

 

 

 

でも、今後も貯金できる見込みがないのに、

 

「ただ家賃がもったいない」

 

っていうだけで家を建ててしまうと、

 

 

 

購入後の家計は

さらに厳しくなるのは目に見えています。

 

 

 

そもそも家計にムリがあったり、

見積もり自体も予算オーバーなのに、

 

 

さらに、今だけ低い変動金利で

上手くコントロールされた

返済計画を見せられながら、

 

 

「今の家賃と変わらない金額でいけますよ!」

 

 

なんてバーチャルな話に乗ってしまったら

近い将来、ローン破産になること

間違いなしです。

 

 

 

 

あなたも

なんとなく想像つきますよね?

 

 

 

マイホーム購入後もお金は貯まらず、

車を買うにしてもその他でも

ローンになってしまうので、

 

 

 

あっという間に

ダブル・トリプルローンです。

 

 

 

毎日毎日、

返済ばかりのストレスで苦しい家計。

 

 

 

ローン返済中はもちろん、老後まで

経済的な負担がのしかかる人生になります。

 

 

 

これでは、近い将来、

 

 

「こんなことなら

家なんて買わなきゃ良かったあーー」

 

 

なんてことに成りかねません。

 

 

 

もし、あなたが、

 

 

「なかなか貯金できないな...」

 

 

っていうことであれば、

 

 

 

「なぜ、貯金ができないのか?」

 

 

 

まず、原因を究明する。

 

 

 

原因が究明できたら、

他のローンが一切ない状態で、

 

 

 

「貯金が300万円貯められるには

どうしたらいいのか?」

 

 

 

このあたりをじっくり考えてみてください。

 

 

 

いくら家が欲しいと思っても

自己資金がないのに、

 

 

「ローンの金利が低いから」

 

「増税前に建てた方がお得だから」

 

 

っていうお得な言葉よりも、

 

 

 

貯金できない家計の体質を

改善することがまずは先決ですよ。