from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

先日、冬季オリンピックのフィギアスケートで

金メダルを獲得した羽生選手のパレードが

仙台で行われましたね。

 

 

パレードを見に来た人、その数10万人!

 

 

一人で10万人も集めてしまうなんて、

ホントのスーパースターですよね。

 

 

羽生選手はじめ、メダリストには、

JOC(日本オリンピック委員会)や

各競技団体から報奨金が出ます。

 

 

メダリストは、アマチュア選手がほとんどなので、

報奨金は貴重な活動資金。

 

 

金メダルで500万円。

 

 

JOCと競技団体と合わせても1,000万円。

 

 

 

羽生選手クラスになると

ANAがスポンサーでついていますが、

 

 

 

海外遠征の渡航費がかからないだけで、

スケート靴・衣装代・遠征費用(宿泊代など)

振付代・コーチ代・楽曲費用などで、

月に100万円以上。

 

 

 

年間で1,200万円以上の費用がかかるんですね。

 

 

 

フィギアスケートの大会で優勝しても

賞金は500万円程度。

 

 

 

完全に赤字ですよね。

 

 

 

メジャーのフィギュアスケートでも

こんな感じです。

 

 

その他の競技は、

日本ではまだまだマイナースポーツなので

余裕のある企業が

スポンサーになってくれるわけでもなく、

 

 

 

羽生選手のように

世界的に認められた選手じゃないと

スポンサー契約が厳しいのが現実のようです。

 

 

 

 

 

 

 

『あなたはお子さんのスポンサー』

 

 

 

 

 

 

 

さて、あなたにお子さんがいれば、

ある意味、あなたは

お子さんのスポンサーになるわけです。

 

 

 

そのスポンサー料の行き先は

お子さんの教育費。

 

 

 

中でも特に大きな金額は、

大学への進学費用ですよね。

 

 

 

ただ、もし、大学進学にかかる費用を

払える余裕がなかったとしても、

進学をあきらめなくていい

すご~く便利な制度があります。

 

 

 

そうです、奨学金です。

 

 

 

大学の進学費用が準備できなければ、

お子さんに奨学金を借りてもらえば

なんとかなります。

 

 

 

ただ、この奨学金を借りたことで

今、大きな社会問題になってきていることが。

 

 

 

 

 

 

 

『奨学金と自己破産』

 

 

 

 

 

 

 

それは、奨学金を借りたお子さんが、

大学卒業後に収入減や病気などの理由で

奨学金を返済できなくなって、

親が肩代わりしないといけなくなるケースです。

 

(フジテレビ放送・ノンストップより)

 

 

 

もしくは、お子さんによっては、

借金っていう感覚が全然ありません。

 

 

ですので、

子どもが払っていく予定だった借金が

ある日突然、自分のもとへやってくるのです。

 

 

 

そこで、最近大きな問題になってきてるのが、

奨学金の保証人になった親の自己破産。

 

 

 

実際に奨学金にからむ自己破産は

2016年度までの5年間で延べ1万5000人。

 

このうちの約半分が連帯保証人と保証人、

つまり、ご両親の自己破産です。

 

 

 

国内の自己破産件数が減っている中、

奨学金関連の自己破産は増えているとのこと。

 

 

 

これって納得できるっていうか、

別におかしい話ではありませんよね。

 

 

 

子供に奨学金を借りてもらうということは、

親のお金に余裕がない状態。

 

 

 

ほとんどの場合、

子どもに奨学金を借りてもらうときは、

親に学費を払える貯金がないか、

払ってしまうと老後資金がなくなってしまう。

 

 

このどちらかです。

 

 

 

奨学金を借りてもらって、

 

「よし、定年までにできるだけお金を貯めよう!」

 

っていうときに、

 

 

 

「あなたのお子さんが奨学金の支払いを

滞納してますので保証人になってる

あなたが全額払ってください」

 

 

 

ってある日突然、言われる可能性が出てきます。

 

 

 

でも、あなたも余裕がないわけで

どうしようもないですよね・・・。

 

 

 

結果的に、

 

 

「払えない=自己破産」

 

 

ってなってしまいます。

 

 

 

奨学金を借りて大学に進学する学生が

年々増えているので、

 

 

 

こういったケースが増えるのも

当然といえば当然かもしれません。

 

 

 

あなたも、

このようにならないためにも、

 

 

 

お子さんが小さいうちから少しずつ

教育費の準備ができる家計を

目指してくださいね。

 

 

 

そのためにも、銀行で身の丈以上の

借りられるだけ借りてしまう

ローン金額ではなく、

 

 

 

「あなたが無理なく返せる住宅ローン金額」

 

 

 

でローンを借りて下さいね。

 

 

 

身の丈以上の借りすぎの住宅ローンは、

 

 

 

「自己破産への入口」

 

 

 

って言っても過言ではありませんよ。

 

 

 

 

ご相談は こちら