from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

あなたは、家計簿をつけていますか?

 

 

 

しっかりつけている人、

 

 

 

まったくつけていない人。

 

 

 

最初はつけていたけど、

途中からつけなくなっちゃった人とか..。

 

 

 

色々な人がいると思います。

 

 

 

結論を言ってしまうと、家計簿は

つけないよりはつけた方が良いですね。

 

 

 

「なんで貯金できないんだろう??」

 

「何にお金使ったんだっけ??」

 

 

 

って振り返ったときに、

家計簿をつけていれば

原因がすぐわかりますからね。

 

 

 

家計簿はつけた方が良いのは、

 

 

 

わかってるんだけどなかなかできない。

 

 

 

そういう人たちは、

 

 

・お金に余裕があるから?

 

・家計簿をつける時間がないから?

 

・マメじゃないから?

 

・つけるのが面倒くさいから?

 

 

 

っていうような理由で

つけていない訳じゃないはず。

 

 

 

つけていない一番の理由は、

 

 

「家計簿をつけるメリット」

 

 

を感じていないからでは?

 

 

 

 

 

 

 

『つける目的を理解しよう』

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

運動不足の人は、

 

「運動しないよりはした方が良い」

ですよね。

 

 

 

でも、実際運動できてる人は少ない。

 

 

 

運動した方が良いのはわかるけど..。

 

 

「別に運動しなくてもカラダは大丈夫だし、

仕事も忙しいからしなくてもいっか!」

 

 

 

私もこんな感じで運動は、

ほとんどできていません。

 

 

 

でも、もし、運動しなければいけない

明確な理由があったら?

 

 

 

例えば、

 

「あなたは肥満過ぎでかなりの高血圧です。

今すぐダイエットしないと、

あと余命6か月ですよ...」

 

って言われたら?

 

 

 

今すぐ運動してダイエットを

一生懸命やりますよね。

 

 

 

コレ、家計簿も同じなんです。

 

 

 

家計簿をつける理由、つまり・・・

 

 

「家計簿を付けるメリット」

 

 

を理解することがまず大切なんです。

 

 

 

 

 

 

 

『家計簿をつけるメリット』

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、

家計簿をつけるメリットって

何だと思いますか?

 

 

 

それは、

 

 

「計画的にお金を使える」

 

「ムダを減らせる」

 

「貯金ができるようになる」

 

 

 

このようなメリットが得られるからです。

 

 

 

家計簿をつけることで、

 

 

「なんで貯金できないんだろう??」

 

「何にお金使ってたんだっけ??」

 

ってなったときにその原因がわかります。

 

 

 

家計簿をつけていない状態だと

お金が貯まらないから、

 

 

 

食費、日用品費、交際費をなんとなく減らす。

 

 

 

でも、明確な原因がわからないから

支出を減らすことも長続きせず、

生活も楽しくありません。

 

 

 

でも、家計簿をつけていれば、

何に使っているのかが明確になります。

 

 

「今月はすでに使いすぎてるから

あと1週間はガマンしよう」

 

「うちは、外食がけっこう多いなーー!」

 

「学費が全然貯められてないなーー!」

 

 

 

こんな感じで、

支出の内訳が明確にわかれば、

無理なく家計改善が

できるようになります。

 

 

 

この結果、無駄な出費を抑えたりして

貯金ができるようになれば、将来、

破産しない家計を作れるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

『家計簿を上手につけるコツ』

 

 

 

 

 

 

 

家計簿をつけることは、

そんなに難しいことじゃありません。

 

 

 

毎月の手取り収入を書き出す。

 

 

 

支出(使ったお金)を書き出す。

 

 

 

収支を計算し、残高と照らし合わせる。

 

 

 

たったこれだけです。

 

 

 

 

 

 

 

『完璧につける必要はありません』

 

 

 

 

 

 

 

家計簿は1万円前後の少額なら、

数字が合わなくても構いません。

 

 

 

何に使ったかわからない

いわゆる「使途不明金」

っていうものが出てきます。

 

 

 

収入と支出、残りのお金を計算すると、

 

 

「あれっ、1万円くらい合わないな

何に使ったっけ?」

 

ってなれば、

 

 

 

「使途不明金」として

1万円を家計簿につけるようにします。

 

 

 

この使途不明金を、

月々、1万円前後認めてあげれば、

気楽に家計簿をつけられるようになります。

 

 

 

もちろん、使途不明金なく

誤差ナシであるに越したことはありません。

 

 

 

でも、まったく家計簿をつけないよりは、

多少の誤差が出てもつけることの方が、

 

 

 

計画的にお金を使えて、

ムダも減らせてその結果、

貯金ができるようになるのです。

 

 

 

今まで長続きしなかった人は、

家計簿をつけることで得られる未来を想像して、

再チャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

 

ご相談は こちら