from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

最近までメディアでよく取り上げられていた

森友学園の問題。

 

 

報道も落ち着いてきましたね。

 

 

今年になって連日、報道されていたので

その影響もあってか

系列保育園の保育士さんが急に

退職してしまったり。

 

 

大変な状況になっていましたよね。

 

 

もっとも、一番大変なのは今まで

 

通っている園児さんたちなのですが。

 

 

総理大臣夫人が絡んでいたので、

連日、国会でも取り上げられていて

それしか報道されていませんでした。

 

 

例年なら春先に取り上げられる

待機児童の問題が、

今年はまったく報道されませんでしたね。

 

 

子育て世代にとっては

待機児童の問題が

一番切実なお悩みですよね。

 

 

 

 

 

『静岡の待機児童数は?』

 

 

 

 

 

県の健康福祉部

こども未来局 こども未来課の

データによると

平成28年4月現在の

静岡県の保育所等の待機児童数は449名。

 

1位 浜松市 214名

2位 静岡市 46名

3位 富士市 34名

 

と続きます。

 

 

年齢別の待機児童数で見ると、

1歳児 約250名

2歳児 約120名

 

で全体の8割を占めています。

 

 

平成27年4月のときは

780名だったので、

平成28年4月は449名で

かなり減っていますよね。

 

 

ただ、4月のデータは

あまり適切ではないかも。

 

 

なぜなら、年度途中に

奥様の育児休暇などが終わって、

職場復帰のための保育所探しをしても

見つからないまたは、

 

 

見つかっても遠くの保育所しか

空いていなくて、

預けられない、もしくは

希望しないなどの理由があるから。

 

 

実際は1,000人以上の

待機児童がいるのでは?

って言われています。

 

 

 

 

 

『少子化なのになぜ起こる?』

 

 

 

 

 

待機児童問題が起こる原因として

 

「保育士さんの給料が少ない」

「保育所の数が足りない」

 

などがあげられますよね。

 

 

でも、「少子化なのになぜ

待機児童が増えるのか?」

 

っていう本当の理由があるように思います。

 

 

あなたはどんな理由だと思いますか?

大きな理由は2つ。

 

・お子さんが小さい、もしくはお腹にいる

ときの離婚件数の増加

 

・収入面で共働きの必要がある

 

 

離婚でお子さんが

どちらに引き取られたとしても、

お子さんが小さいうちは

子育てするのが大変ですし、

 

 

男性なら、

育児休暇はなかなか取れない。

 

女性なら、

勤め始めの会社では

育児休暇はもらえません。

 

 

収入面でいうと、

今は「年収300万円時代」なので、

家計において共働きする必要があります。

 

 

 

 

 

『近隣エリアの待機児童数』

 

 

 

 

 

私の住む静岡県中部の

主な待機児童数は

(平成28年4月現在)

静岡市 46名

島田市 24名

焼津市 15名

藤枝市 5名

 

このような状況です。

 

 

データだけ見ると比較的恵まれていて

子育て世帯には住みやすい地域ですね。

 

 

でも、実際は保育所や保育士さんとの

相性が大事になってきますよね。

 

 

お子さんの学区の問題、

通勤の問題もありますが、

 

 

子育てのことも考慮して

「あなたに合った住みやすい土地探し」

エリア探しをしてみるのも

いいかもしれないですね。


7日間のメール講座を読むだけで

1,000万円支払うお金が変わります!

 「失敗しない住宅購入」無料メール講座

 

 

 

 

 

*静岡 住まいのマネープラン相談では

家づくりのお金のことだけでなく

第三者の立場で一緒に

あなたに合った土地探しや、

建築会社選びもお手伝いをしています。

表には出ない業界情報も

家づくりを一緒にお手伝いをする人には

余すことなくすべてお伝えします。

ご興味がある人には

マイホーム予算診断終了時に

詳細をお話しています。
—————————————————————————————————————

あなたに合った
無理のないマイホーム購入予算がわかります

予算がわかるとお金の不安が解消されて

マイホーム購入後の幸せな暮らしも実現できます

詳しくは  こちら     

お申し込み・お問い合わせは こちら