from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

「い、いててぇ・・・」

 

 

先日、急に腰痛が。

 

 

 

実は、今年になってから

定期的に痛みがあり。

 

 

 

今までは安静にしてれば

痛みが消えたのですが、

今回ばかりはなかなか消えません。

 

 

 

「あれ、ちょっとヤバイかも」

 

 

 

って思い、タイ式ヨガの

パーソナルレッスンを受けてきました。

 

 

 

先生は、講師歴18年、

延べ生徒さん5,000人以上、

Daiichi-TVのまるごとの

コメンテーターでもある中村祐子さん。

 

 

今年になってからずっと痛みがあるのと、

その原因でもある姿勢の悪さを

改善したくてパーソナルレッスンを

お願いしました。

 

 

 

日頃、運動不足すぎて

カラダも硬く、

ストレッチはかなりきつかったけど、

終わった瞬間、とっても心地よい疲れでした。

 

 

 

いや~、自分のカラダとも定期的に

向き合わないとダメですね。

 

 

 

5年前くらいに祐子先生の

骨盤矯正のレッスンを受けたときも、

 

「立林さんは、腹筋、背筋が弱めなので

ストレッチとそこを鍛えるのが

腰痛改善になりますよ!」

 

 

 

って明らかに言われていたのに・・・

 

 

 

 

 

 

『あらかじめ予想できたこと』

 

 

 

 

 

 

「あ~、あのときからちゃんと

トレーニングしておけばよかった・・・」

 

 

 

って今さら思ったところで

腰痛は簡単にはよくなりません・・・。

 

 

 

何年も前から原因はわかっていたのに

トレーニングを続けてなかった私。

 

 

 

100%私が悪いです。

 

 

はい、すみません。。

 

 

 

急に痛くなって

慌ててやりはじめたところで

付け焼き刃です。

 

 

 

でも、40代の今のうちに

トレーニングしておけば

50代以降もひどくならずにすみそうなので、

今回ばかりは真剣にやっていきます!

 

 

・・・・・・

 

 

もし、これを

マイホーム購入に置き換えてみると、

 

 

 

あらかじめ予想できたことを、

そのまま放置すると、

将来は、かなりヤバイ状態になるって

あなたはイメージできますか?

 

平成28年度
生命保険文化センターの
「生活保障に関する調査」によると、

 

 

「あなたは将来の見通しを

何年先まで立てている?」

 

 

っていう質問の回答では、

 

「平均18年」となっています。

 

内訳でみると

「16年から20年」が30,4%でトップです。

 

 

「16年から20年」先の

将来の見通しでいうと、

お子様の大学費用が

これに当たりますよね。

 

 

 

 

 

『大学費用は家1棟分』

 

 

 

 

 

 

あなたのお子さんの大学費用は

いくら貯める必要がありますか?

 

平成26年度 文部科学省の
「平成26年度
子どもの学習費調査」によると

 

 

私立文系の県外住まいだと

4年間で約1,000万円のお金が必要です。

 

 

 

お子さん2人だったら約2,000万円。

 

 

 

3人なら約3,000万円の大学費用を

18年で貯めなければいけませんよね。

 

 

つまり、お子さんの大学費用は

家1棟分にあたります。

 

 

お子さんひとり1,000万円を

18年で貯めるとすると、

毎月約47,000円の積立が必要です。

 

 

 

これらはわかっていても

簡単に貯められる

金額ではありませんよね。

 

 

 

手元の現金で準備ができなければ

奨学金で賄うことになります。

 

 

 

奨学金ということはお子さんが

大学卒業直後から

10年、20年返していくことに。

 

 

 

大学卒業後の初任給から

3万円前後が引かれていくのです。

 

 

 

卒業後もひとり暮らしをするとしたら

アパート家賃に加えて、

3万円ってかなり痛い出費ですよね。

 

 

 

 

 

 

『大学費用が貯められるかどうかの要素』

 

 

 

 

 

 

あなたが、マイホーム購入っていう

今の一番大きな買い物を、

無計画で進めてしまったら、

 

 

 

10年後、20年後に間違いなく家計が

ヤバイ状態に陥ります。

 

 

そうなるとお子さんの

大学費用が必要になる

一番大事な時期に、

 

 

 

お金のことで

毎日、夫婦喧嘩が耐えない家計に

なりかねません。

 

 

私も子どものときに

お金のことでケンカしている

両親を見ているのは

いい気分ではありませんでした。

 

 

ですので、あなたのお子さんの

大学費用が貯められるかどうかは、

 

 

 

今すぐ、マイホーム購入予算から

逆算して考える必要があるのです。

 

 

 

10年後、20年後に

あなたが、

幸せに感じるかどうかは、

 

 

 

今、無理しないかどうかが

一番大きな要素といえます。

 

 

つまり、人生で一番大きい

マイホーム購入予算を決める、

まさに今が、ラストチャンスなのです。

 

 

何事も人生はバランスです。

 

 

あなたが今、身の丈以上の

家を買ってしまうと、

将来の家計に間違いなく

ツケがそのまま回ってしまいます。

 

 

 

あなたがこれから

損しない・後悔しない・失敗しない

家を買いたい!建てたい!

 

 

って本当に思っているのなら、

 

 

 

今、ご夫婦で

将来のことやお金のことを

じっくりじっくり

話し合ってみてください。

 

 

 

そして、あなたが

10年後、20年後、30年後も

幸せに感じるかどうかは、

 

 

 

今、身の丈に合った

無理のない住宅購入予算が

できるかどうかで決まってしまうのです。

 

 

 

 

ご相談は こちら