from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士

静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

 

「あつぃー!」

 

 

 

1日に何回か必ず言ってしまうこのフレーズ。

 

 

 

最近のこの暑さは、かなりキツイですね。

 

 

 

日曜は、8時から地域の草刈りがあり。

 

 

 

途中、休憩しながら約1時間、

 

 

 

けっこう体力を消耗しました。

 

 

 

休憩時にウーロン茶が出ましたが、

帰宅してサントリー天然水のレモンティー、
(以下フレーバーウオーター)

を一気飲み。

 

 

 

もう1本飲みたかったですが、

カロリーが気になり

井村屋のあずきバーで涼をとりました(笑)

 

 

 

最近は各社、透明色に果汁や香料をつけた

フレーバーウオーターが

ものすごくよく売れていますね。

 

 

 

ゼロカロリー飲料ともいいます。

 

 

 

糖質ゼロ!

 

カロリーゼロ!

 

 

 

ゼロ系飲料は最近というより、

数年前からかなりの人気です。

 

 

 

でも、

ゼロ系飲料って

糖質やカロリーは低くても、

 

 

 

カロリーがまったくゼロではないし、

 

 

 

人工甘味料も入っていたり、

ついつい飲みすぎてしまえば

健康を損ねてしまいます。

 

 

 

人気のフレーバーウオーター類も、

500㎖で角砂糖5~6個分の糖分が

実際入ってたりするので、

 

 

 

飲みすぎれば逆に太ってしまうわけですね。

 

 

 

カロリーゼロのメリットの裏には

大きなデメリットが隠されているわけです。

 

 

 

 

こういった飲料系と同様、

家づくりにも、

最近は「ゼロ」が流行っています。

 

 

 

あなたは、何かわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

『頭金ゼロの家づくり』

 

 

 

 

 

 

 

それは頭金(自己資金)ゼロ。

 

 

 

頭金とは、家を建てるときに使う

現金のことです。

 

 

 

今は銀行も気前良く、

自己資金がゼロでも住宅ローンを

借りられるようになりました。

 

 

 

実は、5年くらい前までは、

頭金ゼロの家づくりって、

なかなか厳しかったんです。

 

 

 

当時の住宅ローンの金利は今より高く、

銀行も現実的な金額しか

貸してくれませんでした。

 

 

 

例えば、年収が370万円だと、

ローンの限度は2,300万円くらい。

 

 

 

こういう感じでした。

 

 

 

静岡市内で土地建物を建てれば、

少なくても3,500万円くらいなので、

 

 

 

「足りない分は自己資金を出してね~」

 

 

 

ってわけです。

 

 

 

それができなければ、

 

 

 

「あなたは家を買うべきではない」

 

 

 

って銀行が優しく教えてくれてました。

 

 

 

まったくその通りだと思います。

 

 

 

5年くらい前までは頭金を1割くらい

準備するのが当たり前でした。

 

 

 

 

 

 

 

『低金利で状況が激変』

 

 

 

 

 

 

 

この当たり前は、

今は完全に変わりました。

 

 

 

日本銀行のマイナス金利政策で、

住宅ローン金利が急落し、

 

 

 

住宅ローンを借りるハードルが

大きく下がりました。

 

 

 

また、今までは、

 

 

 

土地と建物に関係しない、

いわゆる「諸費用」と言われる部分は、

 

 

 

銀行は貸したくない、

もしくは住宅ローンとは別ローンで

貸し出す考えだったのが、

 

 

 

「ぜーーんぶ含めて、

住宅ローンの低金利でお貸しします」

 

 

 

っていう方針に変わりました。

 

 

 

銀行によっては、

 

 

 

土地と建物以外の、

 

 

 

例えば、

家具家電や、

住宅取得に関わる税金、

火災保険費用など、

 

 

 

ぜーーんぶ

貸してくれるようになったんです。

 

 

 

つまり本当の意味で、

頭金ゼロの家づくりが

できるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

『預貯金ゼロで家を持つリスク』

 

 

 

 

 

 

 

預貯金が1,000万円以上あるけど、

手元の現金は減らしたくないので、

全額ローンで借りたい!

 

 

 

結婚式の費用やマイカー購入で

使ってしまった。

今はたまたま貯金がないけど、

1年で100万円近くは貯金できる!

 

 

 

このような家計なら別ですが、

 

 

 

貯金もほとんどなくて、

今の家賃と同じくらいと言われたから

全額ローンで買ってしまう

 

 

 

これはあまりにも危険です!

 

 

 

このままいくと、

近い将来、家計の支出が増えたときに、

住宅ローンの負担が一気に増します。

 

 

 

 

また、何らかの理由で収入が

下がった時も同じです。

 

 

 

出が増えて

住宅ローンの負担が大きいところに、

収入も下がってしまったら、

もうそのときは、

完全に家計破綻(はたん)です。

 

 

 

 

 

 

 

『頭金ゼロの問題点』

 

 

 

 

 

 

 

物事には、

メリットデメリットがありますよね。

 

 

 

頭金ゼロのデメリット。

 

 

 

これは私が実際に、

今まで見てきた事実です。

 

 

 

それは、

 

 

・ローンの返済が苦しくなった・・・

 

・予期せぬ転勤(二重生活)・・・

 

・予期せぬ転職(収入減)・・・

 

・離婚などの家庭の事情・・・

 

 

 

何らかの理由で

家を手放すことになったときに

起こります。

 

 

 

一戸建ては車と一緒で、

新品を買った瞬間から

価値が激減します。

 

 

 

ってことは、

 

 

 

土地1,000万円

建物2,000万円

その他諸費用200万円

 

計3,200万円

という内訳だとすると、

 

 

 

土地=1,000万円

建物2,000×0.8=1,600万円

(3年後の価値)

売るときの諸費用100万円

 

 

このようになります。

 

 

 

つまり、

1,000 + 1,600‐100 = 2,500万円が

3年後の現金としての

価値と予測されます。

 

 

 

3,200万円でスタートの住宅ローンを

3年返して3,000万円としても、

 

 

売却した場合、

 

 

3000 ‐ 2,500 = 500万円

 

 

となるので、

 

 

ローン3,000万円に対して、

売る額が2,500万円ですから、

500万円のローン超過となります。

 

 

 

元々、手元の現金がなく

頭金ゼロで購入してるので、

残った500万円のローンも

当然、完済できません。

 

 

 

家を手放す人は、

最初から手放すつもりで

買ったわけではありませんよね。

 

 

 

売るつもりなんてなかった人が、

自宅を売却することになり、

さらに苦労してしまうことに。

 

 

 

ローンを完済できないと、

最悪「破産」となります。

 

 

 

頭金ゼロで家を建てるときは、

そのリスクが大きく上がります。

 

 

 

メリットだけしか見ていないと

デメリットがやってきたとき

家計はやっていけません。

 

 

 

銀行も住宅会社も

 

 

 

「あなたは、

家は建てないほうがいいです」

 

 

 

とは絶対に言ってくれません。

 

 

 

 

「今、本当に家を買っても大丈夫なのか?」

 

 

 

少しでも不安がある人は

一度、立ち止まってみてください。

 

 

 

住宅ローンはマラソンと一緒です。

 

 

 

ゴールが見えずに勢いだけでスタートしたら

いずれ走れなくなって(ローンが払えず)

途中で止まってしまいます。

 

 

 

マラソンは「完走」しなくても

「棄権」すれば済むことですが、

 

 

 

住宅ローンは

必ず「完済」しなくてはいけない

「危険」な道のりなのです。

 

 

 

 

 

ご相談は こちらから