from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士

静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

 

来年10月からの消費税10%が

正式に決まりましたね。

 

 

 

「できれば増税しないでほしい・・・」

 

 

 

淡い期待をしていたけど、

過去2回、増税延期をしていたので

今回ばかりは仕方ないですね。

 

 

 

来年10月なので、あと1年弱。

 

 

 

食料品(酒類以外)は、

軽減税率の適用で8%のまま。

 

 

 

あなたも感じたと思いますが、

この線引き、

めちゃめちゃわかりにくいですよね。

 

 

 

コンビニやお店で、

テイクアウトすれば8%だけど、

イートインなら10%。

 

 

 

おにぎりを3つ買って、

レジでお客さんが

 

 

 

「1つは店内で食べるけど、

2つは持ち帰る」

 

 

 

って言われたら8%と10%に分けて

会計になるわけです。

 

 

 

店員さんは毎回毎回、

 

 

「店内でお召し上がりですか?

お持ち帰りですか?」

 

 

って聞かなきゃいけない。

 

 

 

コレって本当に面倒ですよね。

 

 

 

他にも、みりんは10%だけど

みりん風調味料は8%、

アルコールの量で税率が違うとか。

 

 

 

とにかくややこしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

『増税前に買うべき?』

 

 

 

 

 

 

 

少し前までは、

遅かれ早かれマイホームを

買おうとしているのなら、

 

 

 

「増税前に買うべき!」

 

 

 

っていう考えでいました。

 

 

※「もし、数年のうちに家が欲しいなあ」
って思っているなら、
少しでも早めが良いのでは?っていうくらい。

 

 

 

でも、正式に10%が決まったことで、

 

 

 

「住宅ローン控除の

拡充が検討されている」

 

 

 

っていうこともあり、

少し考えが変わりつつあります。

 

 

 

 

住宅ローン控除とは、簡単に言うと、

 

 

 

「住宅ローンを組んで家を買ったら、

ある一定期間、税金を安くしますよ」

 

 

 

っていうものです。

 

 

 

マイホーム購入は

数千万円の買い物。

 

 

 

2,000万円なら2%増えたら

40万円の値上げになりますよね。

 

 

 

そうなると、

「少しでも安く買いたい!」

 

 

 

ってことで増税前に

駆け込み需要が殺到して、

増税後は買う人が

少なくなってしまう可能性が大きい。

 

 

 

増税後に家が売れなくなってしまったら、

政府としても困るわけですね。

 

 

 

なぜなら、

家が売れなくなるということは、

 

 

 

それによって、

家具や家電製品などの

関連商品も売れなくなるので、

経済全体への悪影響があるわけです。

 

 

 

そのために、政府としては、

増税後も家が売れるような政策、

 

 

 

つまり、

住宅ローン控除の拡充を

検討中なのです。

 

 

 

住宅ローン控除の内容次第では、

増税後に買った方が

お得になる世帯も出てきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

『どんな政策になるのか?』

 

 

 

 

 

 

 

コレは正直わかりません。

 

 

 

私の勝手な推測で言わせてもらえば、

 

 

 

「増税後に買った方が、

お得になる政策が打ち出されるかな~」

 

 

 

あくまで予想なので

これくらいしか言えません。

 

 

 

もしくは、

増税前でも増税後でも不公平のない

バランスが取れる政策に

なりそうな気もしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

『あなたが今からやるべきことは?』

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、あなたが今できることは、

 

 

 

「ある程度の余裕を持って

住宅購入の計画を進めておく」

 

 

 

ことです。

 

 

 

家を買うのが増税前になるのか?

増税後の方が良いのか?

 

 

 

いざ決断しなければならないとき、

 

 

 

2%の金額差という

目先の損得にとらわれず、

焦らずに先まで見据えた

しっかりした判断ができるか

が大切です。

 

 

 

 

お金のことだけ考えれば、

みんな増税前に契約したいわけですよね。

 

 

 

そうなるとハウスメーカーには、

契約が殺到するでしょう。

 

 

 

契約が殺到するということは、

契約をどんどんさばくために

3月決算に向けて売上達成のために

営業マンは強引にでも、

最初から早く契約を勧めてくる。

 

 

 

そうなると営業マンはかなり忙しいわけで、

打ち合わせや重要なことも

じっくりしてもらえなかったり、

お客さんは契約後も

不満が出てきます。

 

 

 

契約が殺到したしわ寄せは

すべて現場にいきます。

 

 

 

現場はものすごく忙しくなるので、

職人さんの負担が大きく増えます。

 

 

 

現場の工事期間は決まってるので、

それに間に合わせるためには、

丁寧にはできず雑な仕事に。

 

 

 

結果的に

手抜き工事や欠陥工事に成りかねない。

 

 

 

コレ間違いなくあり得ます。

 

 

 

目先の金額はもちろん大事ですが、

2%分増えたとしても、

自分が一生住む家は、

丁寧にしっかり

工事をしてもらうことの方が

絶対に安心できますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

『これを機会に家計の改善も』

 

 

 

 

 

 

 

また、できることなら今から

家計の改善もしておきたいです。

 

 

 

1年後には2%の物価が

上がることになるわけです。

 

 

 

総務省「家計調査」(平成28年度)によると、

2人以上の世帯の

毎月の平均消費支出額は、

約28万円。

 

 

 

8%であれば22400円、

10%になると28000円。

 

 

 

その差、月に5600円の

負担増になるわけです。

 

 

 

公務員や上場企業などに

お勤めであれば、

毎年、給与が上がって

月5600円の負担も

苦ではないでしょうが、

 

 

 

中小企業にお勤めの

毎年のように給料が

上がるわけではない世帯は、

月5,600円分をどこかで

節約する必要があるわけです。

 

 

 

金額的には大きくないですが、

お子さんの成長とともに、

年々支出が増えていけば、

将来、ジワジワと

そのツケが回ってくるでしょう。

 

 

 

 

また、家計の支出には、

必ず使途不明金がありますよね。

 

 

 

支出で月に2、3万円程度の

使途不明金ならいいと思いますが、

 

 

 

これが月に4、5万円だと

年間で50万~60万円になります。

 

 

 

この辺りも上手く改善できると

むしろ今までより

お金が貯まる家計になるわけです。

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

消費税が2%上がるのは

大きいですが、

家計の支出を2%改善するのは

そんなに難しくはありません。

 

 

 

増税が正式に決定したことで

住宅業界は来年3月まで、

 

 

 

「8%のうちに家を建てましょう!」

 

 

 

ってあおられることになり

 

駆け込み需要が間違いなく発生します。

 

 

 

不動産会社やハウスメーカーの都合、

期間限定の値引きに惑わされずに

慌てて焦って契約して

失敗・後悔することのないように

気をつけてくださいね。

 

 

 

 

ご相談は こちらから