静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

静岡のファイナンシャルプランナー、住宅ローン相談・住宅購入専門FPがハウスメーカーの値引きについてお伝えしますね。

「今月ご契約いただければ大幅に値引きさせていただきます!」先月、ご相談があったお客さん。某ハウスメーカーから毎週のように契約を迫られていました。

見積りを見ると値引き額は400万円。あなたは400万円という値引き額を聞いて「すごいお得!」と思いますか?もし、お得と思うのならかなり危険ですよ!

『値引きは期間限定ではない』

ハウスメーカーでは「期間限定」を利用した販売手法をよく使っています。「決算月なので・・・」「〇〇周年なので・・・」というように何かしらの理由をつけて期間限定の値引きをしてきます。

初めて家を買う人からすればとてもお得に感じることでしょう。実際に家を建てた友人知人から、「〇〇〇万円も値切ったよ!」みたいな話をあなたも聞いたことありませんか?でも・・・。

正直、ハウスメーカーはいつでも期間限定の値引きをやっているんですね。ハウスメーカーが提示してくる大幅な値引きは「期間限定」ではなくていつでも値引きをしてくるものなのです。

仮にあなたが、「今月中なら300万円値引きします!」と営業マンに言われて今月中に決断できなかったとしましょう。

でも、翌月になってから決心がついて、「先月同様に300万円値引きしてくれたら契約したい」と営業マンに伝えたら?300万円の値引き応じてくれる可能性が非常に高いですね。

「○○さんのお願いなら特別に・・・」みたいな感じでキャンペーンの名前は変われど何かしらの形で値引きしてくれます。

『値引きはできないもの』

私は皆さんに言っていますが最初から適正な金額で見積もりを出している会社であれば値引きは簡単にはできません。2,000万円の家を売った時に会社として残さないといけない利益は最低20~25%。

金額にしたら400~500万円ですね。利益400~500万円から200万円も300万円も値引きするなんてあり得ないこと。もし、本当に値引きしたら会社がつぶれてしまいます。

でも、2,000万円の家に最初から300万円上乗せして2,300万円と偽って見積もり提示していたら?話はまったく別です。

300万円値引きしても通常価格ですからね。300万円はかなりの新車が買える金額。言い方を変えると、「家を買ったら300万円の新車プレゼントします!」と言われているのと同じです。あなたはどう思いますか?

「ラッキー!」と思いますか?それとも、「怪しいなー。なんでそんなことできるの?」と思いますか?私なら100%怪しいとしか思えません。

『値引きはお得感を演出するため』

ハウスメーカーが値引きする理由は「お得感を演出して契約を取るため」「お客さんの購買意欲を高めるため」に過ぎません。大幅な値引きに価値はまったくないのです。

車や家電など定価が明確に提示されているものやどこで買っても同じ商品であれば値引きは話はまた別ですが。

家のように明確な金額が提示されていない他社の家との比較が簡単ではないモノは自由に価格設定ができます。結果として見せかけの値引きができるように最初から見積もりに含まれていることが多々あるのです。

以上のようなことからあなたも家を買うときに期間限定の安易な値引きに惑わされないようダマされないようにしてくださいね。建築請負契約はハウスメーカーの都合でするものではありませんよ。

 

(マイホーム購入のご相談はご夫婦の考えや表情、空気感を読み取ることが非常に重要なため現状は対面での相談をしています。面談時にはマスク着用、アルコール消毒液を持参で訪問しています)

 

なぜ私がこの仕事をしているのか?