静岡の住宅ローン相談・住宅購入専門FPが第三者の立場で家を建ててもお金が貯まるあなたにピッタリの住宅購入予算をお伝えします。

プロフィール・事業概要

  • HOME »
  • プロフィール・事業概要

ごあいさつ

静岡住まいのマネープラン相談専門家の立林

こんにちは。
静岡の住宅購入専門のファイナンシャルプランナー、立林毅士(たてばやしつよし)です。

マイホームを建てたい方の住宅ローン選びや資金計画はもちろん、土地探しや建築先選びまでをトータルでサポートしています。

特定の住宅会社や不動産会社、銀行に属していないため中立的なアドバイスができることが私の強みです。

「住宅ローンはどれくらい借りればいいのか?」「建物と土地の予算配分はいくらにすればいいのか?」など、マイホーム購入に関するお金のあれこれをお客様目線でサポートしています。

私自身が過去にマイホーム検討時に中立的な立場の人に資金相談ができず、とても困った経験があります。

「相談先がなくて困っている人の力になりたい!」、「借りすぎてしまって苦労する人をなくしたい!」という思いから2016年に「住宅購入専門のファイナンシャルプランナー」として独立しました。

 

プロフィール

 
静岡住まいのマネープラン相談専門家の立林

立林 毅士(たてばやしつよし)

住宅購入専門のファイナンシャルプランナー

ローン借入れから土地購入、
建築先選びまでマイホームに関する資金計画の中立的アドバイス

 
1973年10月6日生まれの天秤座、静岡市生まれ、藤枝市出身。

静岡の専門学校を卒業後、「人見知りな性格を解消したい!」という思いから某ホテルに就職。主にフロント業務を13年間、入社9年目にして副支配人を任される。

夜勤が多い激務ながらも仕事にやりがいを感じていたちょうどその頃、叔母と父のダブル介護がスタート。不規則で多忙なホテル業務の仕事が困難に。

「このままでは自分まで倒れてしまう」と転職を考え始めた矢先、信頼する先輩から保険会社への転職を誘われる。「コツコツ仕事を続けられるあなたにしかできない仕事だ」と口説かれ保険会社に転職。

保険会社で働き始めた頃、介護が必要な父のためバリアフリーのマイホーム購入の検討を始める。

しかし、初めてのマイホーム。住宅ローンについての知識がなく、「銀行から希望額が借りられない」という現実を知る。

「誰か中立的な立場の専門家にお金の相談がしたい」と探すも見つからず、「同じように困っている人が他にもいるはず。ならば自分自身が”お客さんの味方になれる中立的な専門家”になろう!」と一念発起。

2016年に住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして独立する。

これまでに200件以上のマイホーム購入の相談に応じてきた。

”コツコツ”が大好きな天秤座のA型。”コツコツ”な性格から2021年から3年を目標に細マッチョ目指して肉体改造中。

趣味はカフェ・喫茶店巡りでインスタにカフェ情報更新中。

エスパルスのサポーターでもあり10代から70代までの仲間とのつながりも深い。

 

 

わたしの想い

 

仕事への想い、お客様への想い。

私がなぜこの仕事を始め、どんな想いで向き合っているかをこれまでの歩みを振り返りながらお届けします。

ホテルマンとして出発した社会人

私は静岡の専門学校を卒業後、某ホテルに就職。主にフロント業務を13年、入社9年後の29歳からは副支配人として仕事を任されました。

ホテル業は声のトーンや言葉遣いに気を配るのはもちろんですが、「お客様のしぐさや表情でお客様が何を求めているのか?」を先回りして感じ取ることが一番の仕事です。長時間労働で責任も重かったですが同僚にも恵まれ、とても楽しくやりがいを感じていました。

ところが副支配人に就いたと同時に、隣に住む子どものいない叔母と父のダブル介護の生活が始まりました。介護生活は想像以上に大変で体力よりも精神的な疲労が重なる日々。夜勤があってもサービス業の収入は低く、体力も30代になると疲れが抜けにくくなり・・・。先の事を真剣に考えるとこのままでは続かないことは明らかでした。

「35歳までに転職しよう」このダブル介護をきっかけに私のホテルマン人生は大きく舵を切ることになりました。

介護と仕事の両立のため保険会社に転職

そうは言っても転職は簡単なことではありません。やりたい仕事を探す時間もなく、副支配人としての仕事に追われる日々。

ちょうどその頃、保険の仕事をしている高校の先輩と再会し、「保険業界で仕事をしてみないか」と声をかけられました。当時の私には「保険はよくわからないもの。勧誘されるもの」という否定的なイメージしかなく、「とても私にはできません」とお断りしました。

ところがその後も先輩と会うたびに何度も誘われました。あるとき、「なぜ、私に声をかけてくれるんですか?」と尋ねると、「コツコツ続けられるあなたにしかできない仕事だからだよ」と言われ心が動かされることに。ならば、「自分が必要とされる仕事をやってみよう」と決意。

仕事と介護を両立させるために保険会社に転職しました。

ローンが借りられない経験

それから数年後、父の介護が進みバリアフリーを見据えたマイホーム購入を検討し始めました。

そうはいっても独身で年収も不安定だった当時の私。住宅ローンについては右も左もわからずどれくらい借りられるかもわからない状態でした。とりあえず銀行へ住宅ローンの相談に行きましたが、希望するローンが「満額借りられない」という経験をします。

明確な理由は今でもわかりません。なぜなら、銀行では借りられない理由を教えてくれないからです。

もし、あの時に満額借りられていたら、ローンのこともよくわからないまま家を建ててしまっていたでしょう。どこかに相談したかったのですが中立的な立場の人が見当たりませんでした。住宅会社の営業マンに相談すれば住宅会社に有利な答え、銀行に相談すれば銀行に有利な答え・・・。その当時(15年以上前)、「信頼してお金の相談ができる人」がいなかったのです。

やがて、住宅ローンの借入れの仕組みやハウスメーカー・工務店などの住宅会社の違い、土地探しの方法を自分で勉強していくうち、「これを知っているのと知らないのではお金の残り方が将来で1,000万円近くの差になる!」と気づくことに。

「私と同じように住宅ローンのことで困っている人がいるかもしれない。身近に相談できる人がいないのなら?借りられなかった自分の経験を活かして困っている人にお役に立てるかもしれない」という思いが今の仕事を始めるきっかけになりました。

ローンを借りすぎてしまうリスク

実際、過去にはマイホームを建てて10年以上の方から、「収入は毎年思ったように上がらず子どもの成長とともに習い事や教育費にお金がかかって家計のやりくりでローンの支払いが大変!」というご相談を毎年数十件と受けてきました。その気持ちすごくよくわかります。

マイホーム、住宅ローンは人生で一番大きい買い物。それなのにトータルの費用がとてもわかりづらいのです。建物は建築会社、土地は不動産会社、ローンは銀行とバラバラで支払い、トータルで何千万円となります。

「ハウスメーカーは1円でも高い家を売りたい!」「銀行は1円でもたくさんのお金を貸したい!」という思惑。ですからどうしてもたくさん借りてしまうような流れになってしまうのです。

住宅ローンを完済する平均年齢は73歳。身の丈以上に借りてしまうと結果的に習い事や塾代などを含めた教育費、食費等の生活費が増えて苦しくなる。老後資金も貯まらない。住宅ローンが予定通り返せずに最終的に家を手放さなければならない人も現実にはいるのです。

「家を建てようと思ったとき何からすればいいのかわからない」

「自分たちの収入で家を建てられる?」

「住宅ローンを本当に返していける?」

「ローンに追われる生活ではなく、将来まで安心した生活を送れるようにするためにはどのくらいのローンが適切?」

このようなお悩みをお持ちの方からのご相談がたくさんあります。

私は売り手ではない中立な第三者の立場なので、お客さまの暮らしに寄り添ったアドバイスができる数少ない存在です。

住宅ローンは借りられる額ではなく返せる額

「マイホーム購入で後悔・失敗・損して欲しくない」というのが私の一番の願い。

ご相談される方のほとんどが、「将来のお金に対する漠然とした不安」をお持ちです。

住宅ローンを払いながらお子さんの教育費を貯め、老後資金も同時に貯めなければならない。これってなかなか大変なことですよね。

でも、大丈夫です。

銀行で借りられる額と返していける額はまったく違います。

年収に対して「いくらまでなら借りられるか?」という住宅ローン金額ではなく、
「いくらまでなら余裕を持って返していけるか?」というあなたの家計に無理のない購入予算でローンを組めば、ローンに追われることなく節約生活をすることなく旅行や趣味も楽しめ、老後まで豊かに充実した暮らしが続きます。

家を買う前の資金計画で人生は変わる

私は今までに200世帯以上のご相談を受けてきました。銀行出身でもない住宅会社や不動産会社出身でもない普通の会社員で、住宅ローンのことも素人で何もわかりませんでした。

つまり、スタートラインはあなたと一緒です。あなたのお気持ちもよくわかります。

私はひとりでも多くの家庭が、「家を建ててもお金が貯まる家計」になるよう貢献したい、マイホーム購入で後悔や失敗ではなく、「家を建てて本当に良かった!」という家庭が一組でも増えるよう貢献したい、という想いでこの仕事を続けています。

資金計画を考えることはライフプランを考えること。

つまり、家族のあり方、幸せのあり方を考えることにつながります。

マイホーム購入が人生のゴールではありません。

お客様の人生の伴奏者として長いお付き合いがしたい。今と未来のあなたの夢をお聴かせください。

 

静岡 住まいのマネープラン相談
代表 立林 毅士(たてばやしつよし)

 
 

事業概要

事業所名 静岡住まいのマネープラン相談
所在地 静岡県藤枝市岡部町岡部1578-80
TEL 054-667-1745
(9:00〜18:00 定休日:年末年始を除く)
代表 立林毅士
E-Mail info@shizuoka-moneyplan.jp
HP(URL) https://shizuoka-moneyplan.jp

静岡住まいのマネープラン相談にお問い合わせする
お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:054-667-1745

【電話 受付時間】9:00~18:00(定休日:年末年始)

「ホームページを見ました」とお伝え頂くとスムーズです。日中相談業務中・もしくは不在時が多いため、よろしければメールフォームよりご予約ください。

代表プロフィール

静岡住まいのマネープラン相談立林

立林毅士

住宅ローンアドバイザー
(住宅金融普及協会認定)

トータル・ライフ・コンサルタント
(生命保険協会認定FP)

相続診断士
(相続診断協会認定)

>>>詳しいプロフィール

メディア掲載・セミナー実績

メディア掲載

イエタテ春号に掲載されました

イエタテに掲載された静岡住まいのマネープラン相談立林

イエタテ夏号に掲載されました

静岡市イエタテ夏号に掲載

家を建てるときに読む本に掲載されました

家を建てるときに読む本に掲載された静岡住まいのマネープラン相談立林

マイドゥー2月号葵区版に掲載されました

住まいのマネープラン相談がmydo葵号に掲載

マイドゥー2月号駿河区版に掲載されました

住まいのマネープラン相談がmydo駿河区に掲載

マイドゥー3月号葵区版に掲載されました

静岡住まいのマネープラン相談がmydo葵区3月に掲載

マイドゥー3月号駿河区版に掲載されました

静岡住まいのマネープラン相談がmydo駿河区3月に掲載

セミナー開催

家を買う前に絶対知っておくべき住宅購入5つのルールセミナー(託児付)を開催しました。

静岡市で家を買う前に絶対知っておくべき住宅購入5つのルールセミナーを開催しました

託児

失敗しない家作りと住宅ローンの借り方セミナーを行いました。

静岡市清水区
コンパイル建築設計事務所様主催

失敗しない家作りと住宅ローンセミナー

島田市
アクトホーム株式会社様主催

住宅購入無料メール講座
住宅予算診断お客様の声
住宅予算診断相談事例のご紹介
静岡住まいのマネープラン相談へのお問い合わせ

静岡住まいのマネープラン相談

▼受付時間
9:00〜18:00
▼営業日
平日・土日祝(年末年始を除く)
▼対応地域
静岡市葵区・駿河区・清水区・藤枝市・焼津市・島田市(富士・三島の方からもご相談いただいています)
▼相談方法
訪問相談
▼お電話
054-667-1745
▼住所
静岡県藤枝市岡部町岡部1578-80

お問い合わせ情報

静岡住まいのマネープラン相談へのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

☎:054-667-1745

▼電話受付時間
9:00〜18:00
平日・土日祝
(年末年始を除く)

PAGETOP
Copyright © 静岡住まいのマネープラン相談 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.