静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

静岡のファイナンシャルプランナー、住宅ローン相談・住宅購入専門FPが12月の建築契約はダメな理由についてお伝えしますね。

静岡経済研究所の試算によると県内民間企業2021年の1人あたり冬のボーナス支給額は377,900円。2020年冬の支給額と比べて0.3%アップ。

今年もコロナ禍で旅行やレジャー等で消費できなかった分、巣ごもり需要で高額な家電製品などが売れているようです。あなたはボーナスが出たら何か買う予定はありますか?

『12月の建築契約はダメ!』

 

 

 

 

12月の住宅業界は特に大手ハウスメーカーの着工棟数が急激に増えてくる時期。今からだと12月着工で3月の引渡しという流れです。でも、12月の建築先との契約は十分注意して欲しいことがあるんです。

大手ハウスメーカーでは一般的は工程ですが建物の規模によっては12月着工で3月の引渡しは簡単なことではありません。12月から1月に大手ハウスメーカーの着工棟数が特に増えるのは特別な理由があるんですね。

あなたはなぜかわかりますか?答えは大手ハウスメーカーは3月決算に向けて目標売上を確保したいから。

通常、地元の工務店の場合は工事期間は短くても4ヶ月。5か月6か月は普通で理由は1棟1棟、丁寧に仕事をしていたり最初から着工棟数は追いかけていないからです。

一方でハウスメーカーが3月引渡しをして売上を3月決算に間に合わせるには12月に工事をスタートするのが必須になってきます。たった3ヵ月で家を完成させる必要があるんですね。

中には、「1月に着工!3月引渡し!」という超強行現場も普通にあります。ということはお客さんと12月に契約を交わさないと1月から工事がスタートできません。

 

 

 

 

 

3月決算に間に合わせるためには営業マンから、「3月引渡しにしていただければ工事費用を大きく値引きします!」という話が出てきます。300万円は普通で400万、500万円を値引きするという営業トークです。

値引きトーク自体は年中行われていることですがよく考えてみてください。値引きを別の言い方にすると、「今月、家を契約してくれたら300万円400万円の車をプレゼントします!!」と言っているのと同じこと。

「家を契約したら300万円400万円の車をプレゼント!?」なんてことは絶対にあり得ません。じゃあ、「最初の見積もりは一体何なの?」ということになりますよね。

300万円400万円以上の大幅値引きは最初の見積りにあらかじめ値引き分を上乗せされたパフォーマンスに過ぎません・・・。

『誰のためのマイホームなのか?』

 

 

 

 

以上のようなことから「3月引渡しにしていただければ工事費用を大きく値引きします!」という営業トークはものすごく危険です。最初から限られた工期でやってるのにさらに短期間になる工事は現場の職人さんの負担が相当増えることに。

いつもより長時間労働。休日返上での作業。職人さんの数を増やすなど。仕事を通常より無理させたり急がせるということは現場は雑な作業、雑な仕事になります。

仕事量がいつもより増えても職人さんのお給料は変わるわけではありません。3月引渡しに間に合わせるためには丁寧に仕事していてはとても間に合わない・・・。

つまり、一番のデメリットは職人さんに丁寧に仕事をしてもらえるかわからない家を建てるお客さんなのです。あなたは自身の現場を雑に仕事してもらいたいですか?絶対イヤですよね。

大手ハウスメーカーは直接は家を建てません。営業マンが建てるわけでもありません。地元の下請けの工務店さんや職人さんたちが一生懸命造っているんです。

ほんとに大切なことは、「どこの会社にするのか?」を考えるより「誰に任せられるか?」「信頼できる人探し」の方がずっとずっと大切。

「3月引渡しにしてくれたら・・・」なんて売り手の身勝手な一方的な都合です。お客さんには無関係ですからね。

甘い言葉には必ず裏があります。間違っても売り手都合で急いで契約しないよう気をつけてくださいね。焦って急いで契約してもあなたには何一つメリットはありませんから。