from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士

静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

今日は大みそか。

 

 

まもなく2018年も終わりですね。

 

 

 

 

今年もこのブログでは、

家づくりのお金のことについては、

もちろん、

 

 

 

「失敗しない住宅会社の選び方」

 

 

 

「後悔しない土地の探し方」

 

 

 

 

等々、あなたに

お役に立てる情報を発信してきました。

 

 

 

来年も今まで以上に

役立つ情報を発信していきます。

 

 

 

来年もどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

新年を迎えるにあたり、

2019年から、本格的に

 

 

 

「家を建てたい!」

 

 

「今年こそ貯金をしたい!」

 

 

「ステップアップ転職したい!」

 

 

「今年こそダイエットするぞ!」

 

 

 

など、何かしらの目標を

立て始める人も多いと思います。

 

 

 

私も年末から新年にかけて、

 

 

 

・新しくこんなサービスをするぞ!

 

・年間60組以上、住宅購入のお手伝いするぞ!

 

・2019年は、〇○旅行にいくぞ!

 

 

 

等々、仕事やプライベートの目標を

10~15個くらい書き出しました。

 

 

 

2019年の年末にはこのうち、

いくつ目標をクリアできているか、

自分自身楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

『家計改善をしたいあなたへ』

 

 

 

 

 

 

 

2018年も、

ホームページやフェイスブック経由、

ご紹介などで、

たくさんのご相談を受けました。

 

 

 

無理のない住宅購入予算の相談はもちろん、

 

 

 

住宅ローン、生命保険、相続など。

 

 

 

家を買うときの家計のご相談は、

多岐に渡ります。

 

 

 

そして、これから家を買って、

35年の住宅ローン返済を

していくとなると、

 

 

 

皆さん少しでも、

 

 

「家計の無駄をできるだけ省きたい、

教育費や老後のお金を

少しでも貯めていきたい!」

 

 

このように考えている人が多いです。

 

 

 

 

「私たちと同じ年収の人だと

いくら貯金しているんですか?」

 

 

 

など、時々聞かれたりしますが、

貯金できる人、できない人の差は、

世帯年収の多い少ないは、

あまり関係ありません。

 

 

 

世帯年収300万円でも

しっかり貯金できている人もいれば、

世帯年収1000万円超えでも

まったく貯金できていない人もいます。

 

 

 

よくファイナンシャルプランナーの人が

貯金できない家計の人に対して、

 

 

 

「食費が多いので減らしましょう」

 

 

「夫婦のお小遣いが多すぎです」

 

 

「教育費がかかりすぎです」

 

 

 

等々、指摘しているのを聞いたりします。

 

 

 

これらが見直しできれば、

「家計の無駄が省けます!」

ということなのですが。

 

 

 

確かにそれらが実行できれば、

貯金もできるだろうな~

とは思いますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

『それができれば苦労しない』

 

 

 

 

 

 

 

「言うは易く行うは難し」ですよね。

 

 

 

実際、ご相談中に

「家計見直しのアドバイスをしてほしい」

とお願いされることも、

ときどきありますが、

基本お断りしています。

 

 

 

というか、

「簡単なアドバイスはできますが、

実行するのは○○さんなので、

できるかどうかは〇〇さん次第です」

と伝えています。

 

 

 

私が前述のように、

 

 

「食費が多いので、

あと2万円減らしましょう」

 

 

と言うアドバイスは超簡単ですが、

実行するのはご本人なので、

実際のところは難しいと思います。

 

 

 

「お小遣いを減らす」にしても、

「教育費を抑える」にしても同様です。

 

 

 

一般的なファイナンシャルプランナーが

言うような、

 

 

「1万円支出を減らす=1万円貯金できる」

 

 

そんなに簡単にはいかないですよね。

 

 

 

例え1万円の支出を抑えるにしても、

今までの習慣が付いた支出癖を変えるには、

かなりの強い意志がないと

実行できないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

『家計を見直すなら固定費から』

 

 

 

 

 

 

 

では、どのように見直していくべきか?

 

 

 

見直すならやはり固定費からですね。

 

 

 

例えば、月々の流動的な費用、

 

 

・水道光熱費

 

・外食を含む食費

 

・ガソリン代を含む交通費

 

・洗剤、ティッシュ等の消耗品

 

 

 

これらの支出はどんなに頑張っても

外的要因で変動しやすい費用。

 

 

 

野菜の高騰、ガソリン代の高騰、

冬は光熱費がかかる、など。

 

 

 

また、この辺りを気にしすぎて

節約しすぎるのはストレスだし、

そもそも生活が楽しくありませんよね。

 

 

 

 

対して、

 

 

・ネット回線、携帯電話等の通信費

 

・生命保険料

 

・子どもの教育費(塾、スクール、習い事)

 

 

 

等のような固定費は、

毎月の金額がほぼ変わらないので、

一度、見直しができれば

自動的に支出を減らすことができます。

 

 

 

なので、家計の見直しはまずは、

固定費から見直すことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

『見直しできない費用』

 

 

 

 

 

 

 

・車の購入費用

 

 

・住宅購入費用

 

 

 

これらについては、

一度、購入してしまうと

見直すのはなかなか難しいですよね。

 

 

 

 

「車のローンが厳しいから、

車を売って安い車に変えよう!」

 

 

 

と行動する人はほぼいないでしょう。

 

 

 

 

マイホームはもちろん、賃貸物件も同じ。

 

 

 

「今の家賃が高いから

安いところに移ろう!」

 

 

 

と行動する人もほぼいないです。

 

 

 

なので、これらの支出については、

購入前に、

「見直しする必要がないような計画」

をしっかり立てることが最も重要です。

 

 

 

 

新年を迎える今、

家計改善、見直しなどを、

始めるには最適なタイミングです。

 

 

 

是非、あなたも

2019年の目標を決めて、

挑戦してみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

『2019年の新春企画!』

 

 

 

 

 

 

 

いつもこのブログを、

読んでいただいている

あなたに、

2019年新春企画をご案内します!

 

 

 

無理のない住宅購入予算がわかる

『マイホーム予算診断サービス』

通常価格5,400円(税込)を

2019年の新春企画として

3,000円(税込)でご案内します。

 

 

 

この新春企画は2019年こそは、

 

 

「家を買いたい!建てたい!」

と思っているあなたに、

 

 

 

正しい順番でマイホーム購入計画を

スタートしてほしい!

 

 

という私の強い想いからです。

 

 

 

限定3組で2019年1月中に

初回面談が可能な人が対象です。

 

 

その他、新春企画の条件として、

 

 

・静岡、清水、藤枝、焼津、島田市内に

在住で家を持ちたいと考えている人

 

・ご夫婦で相談が可能な人

 

・土地や住宅会社をまだ契約していない人

 

・ざっくりでも家計簿をつけている人

 

 

 

これらの人を条件とさせていただきます。

 

 

 

1月中の初回面談なら可能ですが、

お申込みが3組に達した時点で、

終了とさせていただきます。

 

(1/20現在、残り1組です)

 

 

お申込みフォームより必要事項を記入の上、

「新春企画希望」と

最後に記入いただけますと嬉しいです。

 

 

ご相談は こちら

 

 

詳しくは こちら

 

 

 

失敗しない家づくりは、

無理のない住宅購入予算を把握することから。

 

 

あなたが、

お金のことで失敗したくないのなら

この新春企画を上手く活用して

良い家づくりの一歩を踏み出してくださいね。

↓↓

『マイホーム予算診断サービス』

初回面談ヒアリング、

マイホーム予算診断の作成、

2回の面談を含めて3,000円で行います。

 

ご相談は こちら

 

 

詳しくは こちら