from:静岡 住まいのマネープラン相談 立林毅士

静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

 

「大人の大衆酒場ということで、

小学生以下のお子様は保護者同伴でも、

お断りさせて頂いております」

 

 

 

去年、東京で入った落ち着いた感じの

居酒屋さんの入口には、

このような看板が。

 

 

 

「仕事や日ごろの疲れを癒すための

酒場でありたいので、

大人だけの空間を保ちたい。

 

そのため、大変申し訳ありませんが、

お子様はお断りさせて頂きます。」

 

 

 

あなたは、

この考えをどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

『お客さんを選ぶって悪いこと?』

 

 

 

 

 

 

 

「私だってお酒飲みたいけど、

子どもを誰かに預けることも出来ないし…。

どうすればいいのよ!(怒)」

 

 

って思う否定派もいれば、

 

 

「いやいや、子どもがいたら

話せない話だってあるじゃない!?

お酒飲んでるときは、

気を遣わない空間がいい」

 

 

って思う肯定派もいるでしょう。

 

 

 

どちらの主張も正しいですよね。

 

 

 

どちらの意見もよくわかるのですが、

会社やお店をやっていると、

「お客さんを選ぶ」

というのはすごくよくわかります。

 

 

 

私も、マイホーム購入を

真剣に考えている人のご相談なら

喜んでお話しを聞きたいですが・・・

 

 

 

土日の朝に電話がかかってきて、

「今日なんですけど今から相談できますか?」

といきなり言われる人のご相談は、

受けていません。

 

 

(初回面談までにご用意いただく情報も
いくつかありますし。実際、
そういう問い合わせは少ないですが)

 

 

 

 

他には、予定がよく変わる人も

お断りしています。

 

 

 

このように世の中には、

「お客さんを選んでいる会社やお店」

がけっこうあるのです。

 

 

 

あなたは、

コレってなぜだと思いますか?

 

 

 

・店主の自分勝手で選んでいる?

 

・嫌いなお客さんとは話をしたくない?

 

・相手をするのが面倒だから?

 

 

 

飲食店など、ときどき、

こういうお店もあるかもですが、

ほとんどは違うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

『お客さんを選ぶのはお客さんのため』

 

 

 

 

 

 

 

例えば、私がときどき行く

スタバは全席禁煙です。

 

 

 

これはスタバの経営者が、

タバコ嫌いということではなく、

「タバコを吸わない人を大切にしたい」

からなんですね。

 

 

 

他にも、温浴施設やスーパー銭湯などは、

「刺青、タトゥー」がある人を

お断りしていますよね。

 

 

 

これも、

「刺青、タトゥー」のないお客さんに

余計なストレスを与えたくない、

ゆっくりとくつろいでほしい

と思っているからですね。

 

 

 

 

私も、

「家計の見直し節約」や「資産運用」

だけのご相談等は受けていません。

 

 

 

なぜなら、

一生に1度の大きな買い物である

「マイホーム購入」で

後悔・失敗して欲しくない。

 

 

 

家が完成するまでは、

時間も労力もかかるので、

ホントに真剣なお客さんのためだけに、

できるだけ時間を使いたいからなんです。

 

 

 

一定のお客さんをお断りすることで、

その他のお客さんに時間を使って、

より良いサービス&顧客満足を

高めたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

『お客さんを選ぶ住宅会社』

 

 

 

 

 

 

 

基本的に住宅会社は、

 

 

「来るもの拒まず」

 

 

「売れさえすれば、それでOK!」

 

 

 

って考えるところが多いですが・・・

 

 

 

実は一部の住宅会社でも

同様にお客さんを選ぶことがあります。

 

 

 

例えば・・・

住宅雑誌などを見て、

好きなテイストを探していたところ、

ものすごく素敵なデザインの

会社を見つけたあなた。

 

 

 

もう「一目惚れ」に近くて、

家を建てるなら絶対ここで建てたい!

ってずっと考えていた。

 

 

 

でも、その会社で同じような家を建てると、

最低2,500万円。

 

 

 

でも、あなたの予算は2,000万円。

 

 

 

営業マンからは、

「うちの会社だと、最低でも

2,500万円からになってしまいます、

申し訳ありません・・・」みたいな。

 

 

 

でも、どうしてもそこで建てたければ、

「グレードが下がってもいいから

お願いします!」

って言えばやってくれるかもしれません。

 

 

 

そうすれば2,000万円くらいで

家を建てることもできますよね。

 

 

 

ただ、金額をかなり抑えてしまうと

その会社の特徴がなくなり、

ごく普通の家になってしまう・・・

 

 

 

予算を下げて建てたとしても、

希望の家が建つだろう

と思っているお客さんを

がっかりさせてしまうことになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

『あなたのためにも』

 

 

 

 

 

 

 

このようになる可能性がある場合、

住宅会社も断わらざるを得ない

状況になることもあります。

 

 

 

決して、

「予算がないお客さんはお断りです」

ということではありません。

 

 

 

営業マンの言い方や対応によっては、

気分を害してしまうことも

あるかもですが。

 

 

 

限られた予算内で、

お互いの想いを共有することは、

なかなか難しいですからね。

 

 

 

お客さんを選ぶというのは、

賛否両論あると思いますが、

すべての会社がお客さんを

選んでいるわけじゃありません。

 

 

 

人それぞれ、考え方は違いますから。

 

 

 

ただ、私はひとりで事業をしていて、

時間は有限なので、

お客さんを選ぶことは、

ある意味必要なことだと思っています。

 

 

 

最終的には、

「お客さんのことを

どれだけ真剣に考えているのか?」

の方が重要ですからね。

 

 

 

 

これを読んでいるあなたは、

そんなことはないと思いますが、

 

 

 

予定がコロコロ変わる、

時間がよく変わる、遅れる等、

ご自身都合の理由で、

面談や打ち合わせが

変更になることのないようにしてくださいね。

 

 

 

不動産会社や住宅会社も

予定通りに来る人と来ない人では、

応対や気合の入れ方も違いますから。

 

 

 

2019年の新春限定企画をご案内中。

詳しくは こちら

 

 

ご相談は こちら