静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

静岡のファイナンシャルプランナー、住宅ローン相談・住宅購入専門FPが住宅ローンで家計破たんを防ぐ方法についてお伝えしますね。

突然ですがあなたに質問です。「10,360,000円」は何の金額だと思いますか?一生涯で支払う保険料?静岡の土地購入の平均金額?

正解は・・・。「こども一人あたりの教育費」の平均です。

あなたも聞いたことがあるかもしれません。お子さんを大学まで卒業させるには平均1,000万円以上のお金が必要になるんですね。子どもを育てていくにはとってもお金がかかりますよね。

では次に、「13,830,000円」は何の金額でしょうか?前述よりも約350万円高いです。少しだけ考えてみてください。正解は・・・。同じく、「こども一人あたりの教育費」の平均です。

では350万円の違いは何かと言うと進学先の違いによる金額差です。

『教育費は住宅ローン並みの金額』

最初の1,036万円は幼稚園から大学まですべて「公立」へ進学した場合の金額。一方で1,383万円は中学までは「公立」へ進学、高校・大学は「私立」へ進学した場合の全国平均です。

公立よりも私立の方がお金がかかるのは誰もが理解していることですよね。でも、具体的な金額の差を知っている人はほとんどいないかもしれません。

さらに、大学が「理系」になれば1,544万円。そして県外の大学で一人暮らしになったら?なんと1,826万円!さらに子ども2人とも県外の大学に進学したら?2倍で3,652万円!

もはや住宅ローンと変わらない金額。教育費ってものすごい金額になると思いませんか?

『あなたは家を買っても大丈夫なの?』

あなたは教育費が恐ろしくかかるのに、「家を買って大丈夫なの??」と不安に思ったりしませんか?「子どもの教育費を貯めながら住宅ローンを返していけるのか?」「今の家計状態から今後本当にやっていけるのか?」

とても不安になるかもしれません。でも、大丈夫です。不安に思うことはありません。今のうちから家計の現状を知って見直しをしながら計画的にお金を貯められればマイホーム購入後の家計破たんを防げるのです。

『重要なのは計画的に貯めること』

ただし注意するポイントとして漠然とお金を貯めるのではなく計画的にお金を貯めることです。なぜなら漠然と貯めた金額では全然足りない可能性があるから。

「子どもの大学進学までに300万円貯められた!」としても300万円で足りるかわかりませんよね。逆に、貯めようとし過ぎて趣味や旅行、外食などにお金が使えなくなる生活はどうでしょうか?全然楽しくないですよね?では、どうしたらいいのでしょうか??

『解決するための答えとは?』

答えは今の家計と未来の家計を把握し明確な預貯金額の目標を決めることです。では、どうやって目標金額を決めていけばいいのかといったらライフプランニングをしてみることです。

ライフプランニングとは将来の家計簿とも言われます。今後の支出を細かくシミュレーションして今から未来に向けて家計がどのようになるのか?どのような計画でお金を貯めていけば良いか?を知る良い機会になるのです。

ライフプランニングを今からしておけば、「将来、お金が足りなくて生活が苦しい」「今の生活水準を下げて節約生活をしないといけない」「マイホームを購入したけどローンが払えずに手放さないといけなくなった」というような不安をなくすことができます。

『ライフプランを作るための下準備』

ライフプランニングをするには必ず必要なことがあります。何かと言うと現時点での家計の支出を明確に書きだした家計簿をつけることです。

収入は源泉徴収票や給与明細を見ればわかりますよね。でも、支出は自身で家計簿を最低2~3か月付けて情報を取って平均化する必要があります。家計簿の情報なくしてライフプランを作成してもまったく意味がありません。

もし、あなたが来年家を購入しようか検討しているなら11月から家計簿を必ずつけるようにしてください。将来の家計を破たんさせないためにも必要なことは今の支出状況を正確に把握することからです。

ライフプラン自体を作成するのは難しいことではありません。「ライフプランシミュレーション」で検索すれば簡単にライフプランを作成シミュレーションできるソフトがあります。

かなり大まかですが将来に渡って自分たちが家を買っても貯金をしていける家計状況なのかを確認することができます。

ライフプラン作成をしないでただなんとなく、「友達や同僚は○○○○万円で借りてるから自分たちも同じくらいなら大丈夫!」とするより何倍も正確な購入予算を把握することが可能になります。

ただ、注意が必要なのはハウスメーカーの無料相談でもFPがシミュレーションはしてくれますが簡易的で将来までの詳細な支出は含まれないのと住宅ローンの金利も今の低い変動金利で入力されてしまいます。

無料相談のFPにとってのお客はあなたではなくハウスメーカーです。今あなたの貯金が少なくても今赤字家計でもあたかも家を買っても大丈夫かのように数字を適当に操作されたシミュレーション結果になってしまうので注意が必要ですね。

もし、あなたが「来年こそは家を購入しよう!」と考えているならライフプランニングという将来までの家計シミュレーションを必ず行ってくださいね。きっとあなたの役に立つはずです。

もし、「あなたのことを真剣に考えてくれる精度の高い将来までの家計シミュレーションが知りたい、無理なく返せる住宅ローン金額を知りたい」とあなたが本当に思うのなら?ぜひ私にご相談くださいね。私はあなたの味方ですから。

 

(マイホーム購入のご相談はご夫婦の考えや表情。空気感を読み取ることが非常に重要なため現状は対面での相談をしています。面談時にはマスク着用、アルコール消毒液を持参で訪問しています)

 

私がなぜこの仕事をしているのか?