静岡住まいのマネープラン相談立林

 

 

 

 

静岡のファイナンシャルプランナー、住宅ローン・住宅購入専門FPが不動産屋に行っても土地は見つからない理由についてお伝えしますね。

「土地が見つからない・・・」「希望するエリアに出てこない・・・」「出てきたとしても建築条件付き・・・」「希望の土地はかなり高い・・・」など土地探しで悩んでいる人はかなり多いです。

土地探しは地味で地道な作業。毎日、ネット情報を見ていても良い土地は全然出てこないし出たとしても既に申込済み。現実はかなり厳しいものです。

「ネットで探しても見つからないなら不動産屋に行ってみようかな?」「良い土地が出たら優先して紹介してもらえるかもしれないし・・・」と行動力のある人は不動産屋に訪れる人もいます。

「営業マン任せにしないで不動産屋に行った方が良いですか?」と相談されることもありますが私の回答はいつも同じ。

『ほぼ意味ないです』

ネットで探すだけではなく直接不動産屋に行くなどの積極的な行動はとても素晴らしいこと。でも、良い土地が見つかる可能性は直接行ってもネット検索でもほぼ変わらないです。

私は今まで実際に不動産屋に行った人を何組か見てきましたが良い土地に巡り合えた人に出会ったことがありません。

不動産屋に行ったとしてもネットで見たことがある土地が数回メールで送られてくるくらい。あなたが想像しているような対応をしてくれない業者がほとんどと言っていいでしょう。

では、あなたが土地を探しているのになぜ不動産屋に行っても意味がないのか?を今日は解説していきますね。

『不動産屋の一番の仕事』

「土地を売りたい人と買いたい人をマッチングさせるのが不動産屋の仕事」というのがあなたが思う一般的なイメージだと思います。なので「土地を売りたい人」「土地を買いたい人」が当然お客さんだと思いますよね。

でも、不動産屋の一番の仕事は「土地を売りたい人を見つける・売れる土地を探す」こと。注文住宅を建てたい「土地を探している人」「土地を買いたい人」を不動産屋は求めていません。

なぜなら「売れそうな良い土地を見つければ買いたい人は自然と出てくる」ことがわかっているから。ネットで毎日土地情報を探している人は本当にたくさんいます。個人で注文住宅を建てたいという人だけではありません。

「自分のお客さんに土地を紹介したい!」「建築条件付きの土地として売りたい!」と考えている住宅会社や不動産会社関係者。また、土地を安く仕入れて高く売ろうと考えているたくさんの業者も毎日毎日土地を探しているのです。

つまり、不動産屋は土地を買いたい人を積極的に見つける必要がないんですね。買いたい人を探すことに時間と労力を使う必要がほとんどないのです。

『希望の土地は出ない』

また、あなたが探しているエリアや希望条件でタイミングよく土地情報は出てきません。例えば、あなたの希望が、「葵区で予算1,600万円、土地の広さが50坪、南向きで全面道路は8m欲しい」としましょう。

不動産屋が「予算2,000万円でしたら広さも50坪で南向きで全面道路は8mを満たす条件の土地がありますよ!」と回答してくれました。でも、あなたは「400万円も高いのはムリ・・・」となりますよね。

ただ、不動産屋の本音としては「いやいや予算1,600万円であなたの条件に合う土地なんて絶対ないし・・・」「2,000万円でも出せばすぐ売れるしあなたのために探すのは時間がもったいない・・・」となります。

実際に上述の条件で2,000万円の土地なら出ればすぐ売れてしまいます。つまり、不動産屋からするとあなたのために時間を使っても買ってくれるかわからないので時間がもったいない・・・と思ってしまうんですね。

『あなたより売りたい相手がいる』

「でも、土地情報が出たら優先して紹介してもらえるようにお願いしておいても意味がありませんか?」という質問もあります。

結論から言うと優先して紹介してもらえる可能性も低いですね。理由は同様に「優先して紹介するメリットがない」からです。

例えば、1,500万円の土地を売買する際に不動産屋が得られる仲介手数料は561,000円(税込)。あなたに売っても他の人に売っても同じ金額です。

だったら個人に売るよりハウスメーカー等の業者に売った方がメリットが大きい。なぜなら、ハウスメーカーが売りたい物件があるときに売らせてもらえたり頻繁に接待してもらたりと仲介料以外にもおいしい話がたくさんあるため。

また、個人が土地を買うときは住宅ローンを使うのがほとんどですが、「住宅ローンの審査が通るかどうか?」は不動産屋が一番気になるポイント。

もしローン審査がNGになった場合はローン特約というローンが通らなかったら解除できる特約があるので契約が解除されます。

対してハウスメーカーなどの大手企業なら現金購入なのでローン審査などを気にする必要がなく不動産屋にとって超優良なお客さんなのです。

『土地探しより家計改善から』

以上のようなことから個人で不動産屋を訪ねても良い土地情報は紹介してもらえない可能性が高いです。不動産屋さんも商売なので自分たちの利益が多い相手を選ぶのは当然のこと。

不動産屋に土地探しのために相談に行くことはオススメしません。まったく意味がないわけではないですが時間や労力をかけてもあなたが得られる効果はないに等しいです。

ではどうしたら良いのか?ですが。土地探しは土地を探すことから始めてはいけません。まずは、支出の見直しなどで家計改善をして月1万円でもいいのでムダな出費を減らすことです。

ポイントは節約ではなくムダな出費を減らすこと。家計改善をして土地の予算を上げる努力をした方が買える確率は確実に上がります。家計改善することで予算より200~300万円高い土地を買うことは決して難しいことではないですよ。